サーバー設定メモ/eclipseでPHPのリモートデバッグ環境をつくる - トヤヲ.ネット goedkope louboutins

サーバー設定メモ​/eclipseでPHPのリモートデバッグ環境をつくる

xpwikiサーバー設定メモ / eclipseでPHPのリモートデバッグ環境をつくる [ Freeze | Diff | Backup | Reload ]   [ ] Table of contents

eclipseでPHPのリモートデバッグ環境をつくる (2009/01) anchor.pngbillig="12" />

Webサーバー:Linux、開発クライアント:Windowsの環境でPHPをリモートデバッグする方法です。
開発するマシンと実行するマシンが別でも、ステップ実行とかできちゃいます。

環境:
Webサーバー:Debian Linux4.0 / Apache2.2.9 / PHP 5.2.6
クライアントマシン:Windows Vista

Page Top

Eclipse(Pleiades)のインストール anchor.png

http://mergedoc.sourceforge.jp/index.html
Pleiadesホームページに行き、Eclipse3.4 Ganymedeダウンロード画面へ進みます。
PHPのパッケージを選択してダウンロードする。
JREあり/なしはお持ちのWindows環境に合わせて選択してください。
良く分からない場合は、「JREあり」で問題ないかと。

http://toyao.net/xoops/modules/xpwiki/image/toyaolocal/20090125WS000003.jpg

Pleiades(プレアデス)というのは、Eclipseに便利なプラグインをあらかじめインストールしたオールインワンパッケージだそうです。
これにPHPデバッグ用プラグイン(PDT)が同梱されています。

Page Top

ZendDebuggerを入れる anchor.png

phpでデバッグするためのライブラリです。
Linuxサーバー側に導入するので、Linux版をダウンロードします。
http://downloads.zend.com/pdt/server-debugger/

ZendDebugger.so
を/usr/local/libに置きます。(Debianの場合。他のディストリビューションでも同じだと思います)

php.iniの設定
/etc/php5/apache2/php.iniを編集します。

;ライブラリへのパス zend_extension=/usr/local/lib/ZendDebugger.so ;デバッガ接続を許可するネットワーク zend_debugger.allow_hosts = 192.168.1.0/24 zend_debugger.expose_remotely = always Page Top

Eclipseの設定 anchor.png

Page Top 新規プロジェクト作成 anchor.png

[ファイル]→[新規]→[プロジェクト]で新規プロジェクトを作成します。
新規プロジェクトの選択画面では、[PHPプロジェクト]を選択します。

Page Top PHPサーバー側パスの設定 anchor.png

[ウィンドウ]→[設定]→[PHP]→[PHPサーバー]でサーバーのパスを設定します。
http://toyao.net/xoops/modules/xpwiki/image/toyaolocal/20090125WS000001.JPG
[Path Mapping]というタブがありますが、これは使い方がどうもよく分かりませんでした。

デバッグしたいPHPファイル(サーバー側)はこのパスの下に置きます。

Page Top

PHPクライアント側パスの設定 anchor.png

[実行]→[実行構成]で[PHP Webページ]に何か新しい構成を1つ作ります。
[ファイル]の欄には、クライアント側の実行ファイルパスをプロジェクトルートからの相対パスで入力します。
[最初の行でブレーク]はチェックをONにしたままにしておいてください。
ちなみに、[Test Debugger]ボタンは、
サーバー側にdummy.phpを置くとデバッグ可能な状態であるかどうかをチェックしてくれます。
dummy.phpはZendDebuggerに付属しています。
http://toyao.net/xoops/modules/xpwiki/image/toyaolocal/20090125WS000002.JPG

以上でPHPリモートデバッグが出来ます。
[実行]→[デバッグ]とするとプログラムの先頭でbreakするはずです。

トラブルなくうまく動作させるコツとしては、
・クライアント側にもサーバー側にもデバッグ対象の同じPHPファイルを用意すること、
・クライアント側プロジェクトルートからのディレクトリパスと、サーバーのドキュメントルートからのディレクトリパスは同じにしておくこと
パスはサーバーとクライアントで必ずしも同じ構成にしなくてもうまく動くんだとは思いますが、その設定がまだよく分かっておりません。

Page Top

日本語が文字化けする場合 anchor.png

・出力結果ページを右クリック->エンコード
・[ウィンドウ]→[設定]→[一般]→[ワークスペース]→[テキスト・ファイル・エンコード]
・[ウィンドウ]→[設定]→[PHP]→[デバッグ]→[エンコード設定]
なんかで直るかも...

<参考>
delub EclipseでPHP開発環境を作る - 設定 (Windowsクライアント+Windowsサーバ)
http://de-lab.com/article/eclipse_setting/
PHP、Eclipse PDT (PHP Development Tool) (Windowsクライアント+Windowsサーバ)
http://goungoun.dip.jp/app/fswiki/wiki.cgi/devnotebook?page=PHP、Eclipse+PDT+(PHP+Development+Tool)
PDT+XAMPP+ZendDebugger インストール マニュアル (Windowsクライアント+Windowsサーバ)
http://www.kabosu100.net/archives/2008/06/pdtxamppzenddebugger.html
開発環境構築 ZendDebugger編
http://www.xoops-ri.jp/module+index.content_id+14.htm




Page Top

comment anchor.png